読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乗合自転車の雑記帳

広島関連、漫画・アニメ関連の話題が多くなると思います。主にTwitterの補完として。

今年もアニサマを予想(妄想)その2

前回の続きです。およそ1ヶ月空いてしまいましたが。

前回述べたとおり、昨年のアニサマは日ごとにテーマカラーを用意していました。今回はそれをさらに発展させて、日ごとに明確なコンセプトを打ち立ててくるのではないかと予想(妄想)します。例えば「過去、現在、未来」というようなテーマが思い浮かびます。こんな風に。

  • 1日目:「Legends' Day」これまでアニサマを盛り上げてきたアーティストを中心に構成。ファン垂涎の豪華なステージが予想される。
  • 2日目:「Recent's Day」まさに今アニソンのシーンの中心にいるアーティストで構成。かつてない盛り上がりが予想される。
  • 3日目:「Future's Day」アニソンの明日を担う若手アーティストとベテランを交えて構成。アニソンの未来を感じ取れる。

これだと3日目がやや曖昧な感はありますが、どの日も必見という気持ちが高まります。
他にも、声優ユニットオンリーの日を設けるなどの方法も考えられます。

そしてテーマ曲。昨年のようなカヴァーだとしたら、「secret base ~君がくれたもの~」が最有力かと思います。カヴァーで何度かアニソンとしても使用されて馴染み深いだけでなく、歌詞がまさに「10年」の節目にピッタリはまり、フィナーレに歌うに相応しい曲でしょう。
オリジナル曲だとしたら、これはまったく予想できません。個人的には田中公平作曲・畑亜貴作詞・飯塚昌明編曲でいってもらいたいところです。どの方もアニソンにおいて抜群の実績を持っており、アニソンの祭典のテーマ曲を任せるに相応しい方々と思います。飯塚昌明氏はElemental Gardenの上松範康氏の師匠的存在であること、アニサマ皆勤のミュージシャンであることから選びました。

今年はランティス祭りが盛大に開催されるのでやや影が薄くなるかもしれませんが、やはりアニサマがアニソン界最大の祭典であってほしいです。今年の開催概要と出演者第一弾は近いうちに発表されるものと思います。期待しています。今年は行けませんが…