読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乗合自転車の雑記帳

広島関連、漫画・アニメ関連の話題が多くなると思います。主にTwitterの補完として。

幼馴染みの思い出(女の子編)

今回は趣味の話ではなく、私の昔の話です。

ギャルゲーやラブコメ漫画などでは「幼馴染みの女の子」が定番の設定となっていますね。実は私にもそれに該当する女の子が小学校の頃までいました。
しかも2人。どちらも私と同学年。家族ぐるみでの付き合いでした。

ひとりは背が高めで運動神経が良く、家も結構大きくてお嬢様っぽい子でした。現在の家に引っ越す前はすぐ近所だったので、よく遊んでいました。

もうひとりはどこにでもいそうなごく普通の子でした。こちらには2つ下の弟がいて、彼ともよく遊んだものです。

どちらもそうですが、私よりは姉との付き合いの方が多かったように記憶しています(同性ですし…)。
小学校低学年ごろまではよく一緒に遊んでいたのですが、高学年になるにつれ関係が疎遠になっていきました。中学になると完全に音信不通。今はどうしているのか知る由もありません。親に聞けば知っているのかも知れませんが(家族ぐるみの付き合い故)、わざわざ聞く理由もないので放置している現状です。

今にして思うと、関係が疎遠になる前にこちらからアクションを起こしておくべきだったのかも知れません。幼馴染みというポジションでも関係をキープしたまま高校ぐらいまで進んでいればどうなっていたか…後悔先に立たずですが。